新しい生活様式になりこんなことでお困りではありませんか?

観光旅行やイベントの代わりとなるオンラインツアーの企画ノウハウがない
授業やフィールドワークで現地を訪れることが難しくなった
北海道へ視察や研修に行きたいけど…人を集め他地域に行くことに抵抗がある

ツアーの特徴

オンラインファームツアーの様子

1万人を案内してきたプロの畑ガイド集団

畑ガイドとは、実際の生産現場である畑を専門の研修を受けたガイドがご案内する日本初の仕組みです。国内外から多くのお客様をご案内してきた経験抱負なガイドが、オンラインでも楽しめるガイドプログラムを提供します。

ご案内できる
生産現場

  • 菜の花畑
    (5月中旬〜6月上旬)
  • 小麦畑
    (6月〜7月)
  • とうもろこし畑
    (7月中旬〜9月)
  • じゃがいも畑
    (7月〜9月)
  • 長いも畑
    (10月)
  • 酪農
    (通年)

あらゆるシーンで活用できます

オンラインで広がる
授業の新しい形

  • 通常の授業だけでは伝えられない地域の産業を探求できる
  • 農作業の様子や農家の想いを伝え、食に対する感謝や興味を育む
  • 気軽に行く事の出来ない生産現場を教室に居ながら見学、交流が出来る

農業視察や大学の
フィールドワークに

  • 食品関連企業の社員研修やお取引様向けの視察
  • 観光を学ぶ学生向けのフィールドワーク等、グリーンツーリズムの事例として体験
  • 十勝の多様な農業のスタイルを学ぶ研修に

オンライン旅行や
イベントに

  • 旅行会社の主催するオンラインツアーのコンテンツとして
  • 普段から外出の機会が少ない福祉施設のレクリエーションとして
  • 子ども会やPTAの交流会で自宅から参加できる産地見学ツアーとして

事例紹介

ツアーの仕組み

ツアーの仕組み

ご用意いただくもの

  • インターネット接続環境
  • Web会議ツール(Zoomアプリがインストールされたパソコンかスマートフォン、タブレットなど)
  • プロジェクターとスクリーン(大人数で参加の場合)
  • 麦わら帽子など畑に行った気分になるアイテム
  • 飲み物や食べ物(酪農の場合は牛乳など、またご自宅からならコーヒーやお酒をのみながらの参加も可能)

実施までの流れ

1ヶ月前まで
(事前のお打ち合わせ)

  • ご担当者さま
    お問い合わせ
    ご相談
  • いただきます
    ヒアリング
  • いただきます
    お見積・提案
  • ご担当者さま
    案内・募集

1週間前

  • ご担当者さま
    参加とりまとめ
    入室通知等
  • いただきます
    当日入室URLを
    発行

前日(接続テスト)

通信環境や会場のセッティングでテストを行うことも可能です

当日(ツアー開始30分前に会場オープン)

  • ご担当者さま
    参加者確認
    トラブル対応
  • いただきます
    会場と接続確認
    入室許可
  • ご担当者さま
    遅延者の
    入室確認
  • いただきます
    ツアースタート
    進行〜終了

ツアー終了後

  • いただきます
    集合写真送付
    農産物発送※
  • ご担当者さま
    農産物の受取
    分配
  • いただきます
    ご請求
  • ご担当者さま
    お支払い

※農産物はオプションです。農産物の受け取りは事務所など1ヶ所指定となります。

ご相談はお気軽に私たちにお任せください

十勝の農業は四季折々の景色や作業があります。
ご希望の時期にご案内できるベストなテーマを提案し、
参加者にあわせた視聴方法やツアー中の操作もご案内いたします。
オンラインツアーが初めてでも、
経験豊富なガイドがわかりやすくご案内しますので安心してご相談ください。

メディア掲載

  • 朝日新聞デジタル オンライン校外学習(2021年3月13日)
  • 日本農業新聞 酪農オンラインツアーの挑戦(2021年1月14日)
  • NHKほっとニュース北海道 酪農オンラインツアー(2021年1月4日)
  • 十勝毎日新聞 オンラインで十勝の観光学ぶ・大学講義(2020年11月7日)
  • 十勝毎日新聞 東京の企業とコラボ・画面越しに十勝ツアー(2020年9月10日)
  • 十勝毎日新聞 十勝小麦ヌーヴォー生産現場リモート案内(2020年7月30日)
  • 毎日新聞 オンラインを利用した新たな観光(2020年7月21日)
  • 北海道新聞 オンライン小麦ツアー(2020年6月22日)
  • 朝日新聞 オンラインツアー挑戦・代表インタビュー(2020年6月7日)